カービングナイフ、100均のナイフ、カッターナイフの比較

カービングナイフに関するよくあるご質問について

通りすがりの菜の花があまりにも綺麗で写真を撮ってしまいました。春ですね。

菜の花のからし和えも好きな、カービングプラスの記志江(きしえ)です。

さて、今日は、時々聞かれるナイフのお話をしようと思います。

こういうご質問があります。

『カービングナイフの代用品は100均にありますか?』

『カッターはカービングナイフの代わりになりますか?』

私の答えは

『代用することは難しい。 😕 』です。

 

 

100均は時々行きますが、

カービングナイフの代用品を探しに行ったことはないので、見つかっていないだけかもしれません。

ですが、カービングナイフの形状や使いやすさを考えるとカッターナイフは使いにくいと思いますので、代用品はおそらくないと思います。

もし100均に使えそうなものがあっても、それはカービングのために作られたものではないので、使用する目的が違うものは、きっと使い勝手が悪いと予測します。

カービングナイフってどんなもの?

もともとはフルーツや野菜が発祥のタイの伝統工芸がカービングですので、

フルーツや野菜をカットしやすい形状になっています。

 

刃は長く、薄めでペンなどを持つ感覚に近いです。包丁寄りではない。

ナイフ、ということばがピッタリするサイズです。

 

カービングプラスでは、講師の記志江が、タイでカービングを習っていた時に使っていたものを使用していますが、

お教室によって、お勧めしているナイフも使っているナイフも違います。

日本でナイフを注文して作っている先生もいらっしゃいますので、一概にカービングナイフはこれがいいです、とは言い切れません。

ですが先が細くて、刃は薄いほうがカットしやすいと感じています。

 

それから右にも左にもカットでき、曲線にも対応するには、両刃がいいと思います。

http://www.doublehand-masters.com/left-hand/carving_knife/

から画像をお借りしました。

両刃のナイフでしたら、右からでも左からでもおなじようにナイフを使うことができます。

今まで記志江が使っってきたナイフはすべて両刃でした。

刃の形状

それから一番大事だと感じてるのが、

カービングナイフは【刃先が命】 ということ。

 

刃の形や長さはそれぞれ違います。三日月のようにカーブしている形状のものや厚みがあって、あまり刃の鋭くないものなどいろいろです。

 

 

ソープカービングは特に、

刃先を使うことがほとんどですので、先は鋭いほうがカットがきれいです。

狭い面積で細かい模様を彫る時など、細かい模様に対応できるようにナイフを使うことがポイントです。

 

ナイフの使い方もお教室によって違うので、硬い刃がいいとか柔らかいほうがいいとか、いえないのですが、どんなナイフでも好きなデザインを彫れるような技術を身につける、と考えることにしています。

ナイフや石鹸のせいにしないでキレイにほれるといいですね。

刃先が折れた時の応急処置

タイに住んでいた時

ラット先生という、とっても若くてかわいい女性の先生(おかまちゃんではなく)に数回カービングを習う機会がありました。タイ航空のケータリングのカービングの先生だと記憶しています。日本語は全く話せず、いつもにこにこしている素敵な先生でした。

その当時、9時から12時までのフルーツカービングを月に1回受け持っていて、お忙しい先生なので貴重なレッスンでした。

ですが、いつもそのラット先生のレッスンの時、私は自分のアパートのテニスコートにコーチが来てくれる、テニスレッスンと重なっていました。

テニスのレッスンは8時から9時、、、だったので、カービングのレッスンの間に合うわけがないのですが、毎回ダッシュでテニスを終えシャワーを浴び、(早朝テニスでも、タイは暑いです。)髪の毛濡れたままでラット先生のレッスンに遅刻参加という、どうしょうもない生徒でした。

そんな状態で大遅刻ですから、他の生徒様たちはずいぶん彫りすすめているので、私は追いつくべく慌ててカービングをする状態。。

 

慌てるとあまりいいことはなく、カービングナイフを落とす、なんていうことが度々あるわけです。その度に先が折れてしまって困っていると、ラット先生がなにも言わずに紙やすりを出して、私のカービングナイフを修復してくださる。。。にこにこしながら。

先が折れると、どうしようも無いんですね。

そのおかげで、カービングナイフの応急処置の仕方を何度も教えていただきました。説明しにくいので動画にしました。


ということで、刃先は大事なんです。

その当時使っていたナイフは、もとのカービングナイフの半分程度の長さまでに短くなっていました。(笑)何回落としたんでしょうか。

なので、自分がお教室をするようになってからも、生徒様がナイフを落とすと時々紙やすりでナイフを削っていましたよ。動画を作ったので、これを見ながら、皆さんとりあえずの処置はできますから、もし刃先が尖っていない時はお試しくださいませ。

 

刃は時々研ぐといいですよ。切れ味が変わります。

カッターの刃とカービングナイフの刃の形状の違い

カービングナイフのポイントは刃先です。ソープカービングは刃先を使うことが一番多いので、刃先は尖っている状態が彫りやすいです。

カービングナイフ

ここで、ご質問に戻りますが

カッターナイフとの刃先の形状の違いです。

 

太さも刃全体の形も全然違います。

これがカッターナイフを代用しにくい理由です。

 

道具は大事ですよ。

お手頃価格のものもありますから、1本買ってみてはいかがでしょう。

カッターを使ってカービングってなんだかやりにくいと思うより、ナイフを買ったほうがせっかく習ったカービングをお家で再現できますよ。

ネットで検索すれば1000円程度のナイフもあります。

カービングプラスではアマゾンよりお安く売っていますし、長く続けるようでしたら別のナイフをおすすめしています。教室での販売ナイフを値上げしてアマゾンと同じ価格にする前にお声掛けくださいませ。(笑)

なにしろ、ソープカービングの道具は他の習い事と違って、ナイフ1本だけですから!!

ひとまず体験会に行ってみよう

まず、実際に体験してみてください。そこからがスタートです。


LINEの登録の仕方がわからないときは>>>こちら