カービングは何時間かかりますか?

出来上がるのに何時間かかりますか?

笑いのエネルギ-チャージ
カービングプラスの記志江(きしえ)です。

 

フルーツカービングやソープカービングを
初めて見見られた方によく
『出来上がるのにどのぐらいかかりますか?』
と言われます。

これが答えにくいのです。

個人差、彫るデザイン、
その方のスキル、経験によって
全く違います。

例えば、
すいかで同じデザインを彫るとします。

Sサイズのすいかだと1時間かかるものが
5Lサイズだと2時間半かかるかもしれません。
(3Lとか4Lなんていうサイズがあります)
すいかの皮が硬いと手もつかれるので、
Mサイズでも3時間かかるかもしれません。

フルーツカービング10回経験のある方だと
2時間かかるかもしれませんが、
ソープカービング10回の経験の方は
3時間かかるかもしれません。

手の早い方は30分、
丁寧な方は2時間かかるかもしれません。

 

ということで
いつもこのご質問に答える時は
私が彫った場合のおおよその時間を
おつたえしています。

はっきり何時間とは
言いにくいのです。

>>>ソープカービング作品

>>>フルーツカービング作品

>>>立体カービング作品

カルチャースクールではたいてい2時間

日本のどこの教室も
カービングレッスンは2時間の事が多いです。

カルチャースクールなどが
2時間設定の事が多いからだと思います。

タイで習っていた時は
1レッスン3時間でした。
いつも遅刻する先生もいて、
その場合は
2時間ぐらいだったかもしれません。

 

フルーツも石鹸もゆっくり彫っていると、
フルーツは傷みますし、
石鹸は乾燥してしまいます。

少しづつ彫って来月続きをする、
という事はありません。

彫り始めたら一気に彫り上げます。

1回のレッスンで
時間内に1作品を彫って
終わりにする事が多いです。

終わらなければ宿題になります。

彫りかけの石鹸を
翌月のレッスンで続きをしようにも
石鹸が乾燥して、
彫れません。

2時間で彫れるの?

始めは基礎的な、
簡単で大きいデザイン
その後
いろいろな要素を取り入れながら
徐々に細かく、
曲線を描けるようにしていきます。

レベルに合わせて
カリキュラムを組んでいますので、

たいてい2時間で終わり、
すこし宿題、という方が多いです。

始めて間もない時は
難しく感じる基礎的デザインも
中級、上級になると
難しいとは思わなくなり、
彫る時間も早くなります。

基礎段階では
いろいろなナイフの使い方を
マスターしてもらいます。

基礎的な彫り方を学ぶだけで
大部分の模様を
彫ることはできます。

カービングプラスの
立体カービングフラワーも
基礎がきちんと終わってから
進まれる事をおすすめしています。

>>>立体カービングフラワーで彫れるもの

カービングプラスの体験レッスンは
体験レッスンの日
を設けますので、

ナイフの持ち方から
丁寧に
お教えします。
>>>>体験レッスンはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@ スマホの方はこちら⇩をタップしてお友達追加してくださいね

 

 

パソコンでご覧の方はコチラ⇩のQRコードを、LINEのお友だち追加機能で拾ってください。

 

 

 

 

LINEの登録の仕方がわからないときは>>>こちら