遠方で通えない人のためのソープカービングオンライン講座


こんにちは、カービングを楽しんでいますか?
笑いのエネルギ-チャージ、カービングプラスの海老原記志江(えびはらきしえ)です。

「これ、ちょっと興味あるけど、家から遠いなぁ。」
「これやってみたいけど、家を長い時間空けられないからな。」

と、やってみたいことを諦めてしまったこと、ありませんか?

 

子供が小さかったり、親の介護があったり、
東京だけの開催だったり。

そういうことは関係なく『自宅でできたらいいのにな。』って。

sad

遠くから通ってくれてありがとう!

カービングプラスは横浜を中心としたカービング教室です。横浜と一言で行っても広くて、横浜の北よりで教室をしていますが、遠方から通ってくださる方が年々増えています。

ある方は山梨から2年以上通ってくださいました。

高齢のお母様の介護もあり、大変な状況で私のレッスンにいらしてくださいました。本当にありがたいことです。通うのにかかる時間を考えるだけでも感謝しています。

 

また、別のかたは、関西方面から通ってくださいました。ご事情もあり、一度はおやめになることになったのですが、

彼女のレッスンの最終日、「やっぱりどうしても、先生のアレンジを習いたいので続けます!」とのこと!!

大丈夫なのかと心配しましたが、しばらく通ってくださいました。

そのあとやはり、ご都合で来られなくなったのですが、こんなにうれしい事はありません。それから数年経ちお会い出来る機会があり、お元気で幸せそうでした。

 

今でも関西から通ってくださる方、東京の八王子や千葉、埼玉などからも来て頂いています。アレンジのコースレッスンは2年続き、彫った作品を持ち帰るのも、こわれものなので大変な荷物になります。

帰宅も遅くなる方もいらっしゃるので、なんとかもっと楽に、レッスンを楽しんでいただけないかと、ずっと考えていました。

 

わかりやすいオンライン講座を作りたい!

【立体カービングフラワー】に関するお問い合わせを多数頂いています。

なんとかしたい!!

そこで思いついたのが、通信講座でした。

 

スカイプで教えるのはどうかな?とか、

DVDをつくるのはどうかな? とか  いろいろ考えました。

 

そこで行き着いたのが、プロの方に動画を取ってもらい、いろいろな角度から細かく解説をする、オンライン講座が一番わかりやすい、と思ったのです。

ですが、材料はどうやって送ろう?

動画だけでわかるようにできるかな?

テキストはどうしよう?

 

すべてが初めてで、試行錯誤でした。

 

動画をどうやってみせるかは、パソコンの先生にアドバイスを頂きながら一緒に調べて考えたり、

キット作りやそれを梱包する作業は娘にたくさん助けてもらいました。

染料をいれる容器は、この形状だと送った時に漏れるから、内側にパッキンが入っているもののほうがいいかも、大きさはこのくらいなら入るかな?なんて、アドバイスももらい、お手伝いだけでなく、とっても助かっています。

 

実は、私は文書をかくのも苦手意識があるので、キットにいれるご案内状も本当に何度も何度も書き直しをしました。

 

そうして、最初はモニターの方に体験いただき、

その声を元に改善を加えていきました。

 

一番始めのキットを送った時はエネルギー使い果たした気持ちでした。(笑)

さらなる工夫を

テキストも動画も、分かりやすくしました。

普段のレッスンでは口頭で説明していることもすべてテキストに入れ込みました。

 

それでもご自宅でお一人で作るので、挫折してしまったらどうしよう、

そう思い、メールで質問にお答えするのはもちろん、

メールだとなかなか伝えきれないので、質問の回答を動画にして、

手元だけを撮影してお答えするようにしました。

 

ご質問があれば、それは皆さん共通の悩みだったりしますので、

講座のページで皆さんが見られるようにしています。

 

オンライン講座はスタートして、ようやく3ヶ月、

お申込みいただいたのは、通えない場所にお住まいの方がほとんどですが、

皆様に楽しんでいただけているのではないでしょうか。

 

もっともっと、たくさんの方に

遠方の方でも無理なく始められる【立体カービングフラワー】を是非楽しんで頂きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらから>>オンライン講座

 

 

 

 

 

LINE@ スマホの方はこちら⇩をタップしてお友達追加してくださいね

 

 

 

パソコンでご覧の方はコチラ⇩のQRコードを、LINEのお友だち追加機能で拾ってください。

 

 

 

 

LINEの登録の仕方がわからないときは>>>こちら