フルーツとソープ同時レッスンの注意点

生徒作品綱島カルチャー

生徒作品綱島カルチャー

フルーツ、ソープ同時レッスン

綱島カルチャーでの生徒さまの作品です。

フルーツとソープを同時にレッスンすることは

とてもふつうのことですが、

一番注意することは、

手をよくあらうこと。

 

ソープを直したあとフルーツを触るときは特に注意!!

フルーツは召し上がれますからね!!

 

おいしそうなフルーツの時

彫りながら、お口に入れるのも、自己責任で

全くOKの、

ゆるーーーーいレッスンをしていますが、

 

時々

「先生!!!このメロン、石鹸の味!!」

なんていう事故、

あります。

 

注意はしていますが、

水道が同じお部屋にないと、なかなか一々

手を洗いに行けませんから。

 

昨日も、すいかを彫りながら、

石鹸の泡が。。。

なんて言っている生徒さまもいらっしゃいました。

 

基本同じナイフで、よく洗えば問題ないですが、

気にされる方は、

フルーツ用、ソープ用、

とナイフを分ける方もいらっしゃいます。

 

どちらでもOKですよ!!

 

 

ブログトップに戻る

前の記事

アレンジ作品のご紹介