柿にバターナッツにすいか

生徒さまの作品

生徒さまの作品

柿にバターナッツ

フルーツカービングは季節に合わせて素材を変えていきます。

タイでは一年中すいかもメロンもほりやすいかぼちゃもありますが、

日本でお教室を始めて

一番こまったのが

フルーツの資材の用意です。

 

八百屋さんに行っても

彫るために野菜を用意してません。

 

彫るために安くてもいいから

美味しくないのでもいいから、

なんてお願いすると八百屋さんは気分を悪くします。

 

どこの八百屋さんも

美味しいお野菜やフルーツを一生懸命に用意していらっしゃるので、

彫るためだけのの食べないようなフルーツは仕入ませんから。

 

このお話は昨日、熱海でカービングの先生ばかりで集まって

たのしく

『顔を彫る会』

に参加したときにも

話題になりました。

 

数年前は、

柿を彫るということも

バターナッツを彫るということも

思いつかなかったのですが、

日本では、日本のフルーツや果物にあわせていけばいいんだ、

と思ったら

気が楽になりました。

 

季節のものを彫る、

旬のものを彫って飾って

食べる。

 

そのほうが、

生活に役立っていますよね。

 

お取り寄せをして

季節外れの

何万円もする

メロンやすいか、

彫る気になりません。

 

 

このお写真のすいかは、

暑い時期の写真ですから、

それほど高くはないです。

 

 

みなさま、お疲れさまでした!

くるりん薔薇、難しいのに、

がんばりました!

すいかは大作です!

お上手です。

 

 

 

 

スケジュールを確認の上予約する

yoyakubana

 

 

 

体験レッスンのメニューをみて予約する

 

 

 

ブログトップに戻る

前の記事

おまけのレッスン