基礎って教室で内容が違うんですか?

生徒さまの作品基礎、ソープ

生徒さまの作品基礎、ソープ

基礎の彫り方って何ですか?

生徒さまの作品のご紹介です。

このお写真はカービングプラスで基礎、と呼んでいる彫り方です。

始めは刃先のコントロールできないので、

1つの石鹸に1つの花を大きく彫ることが多いですし、

同じ模様を繰り返す事で、

刃の動かし方を覚えます。

 

カービングプラスでは基礎、を12作品にしましたが、

それはここ2年くらいの間に

同じ彫り方のものを削ったから12作品になったのです。

長い間、通ってくださっている生徒さまは、

基礎はもっと倍くらいやっています。

 

お教室によっては、基礎は100時間だったり、10時間だったり

本当に様々です。

センター北 生徒さまの作品

センター北 生徒さまの作品

なぜって、

今お教室をしている先生方が、

それぞれ習ったことを教えているからです。

 

タイ駐在だった方、

タイに修行に行かれた方、

日本のお教室スタートでタイに修行に行かれた方、

日本のお教室だけて習って、タイにはいかれたことのない方。

バックグラウンドが違う上に、

ならった先生も違う。

 

いろいろになるわけです。

他教室からいらっしゃると、

長年カービングをされている方でも

うちの教室の基礎コースの中のメニューの彫り方をらなかったり、

 

うちの教室は私が今日本ではやっているような

模様をそれほどタイにいたときにはやっていないので

そういうメニューが少ないなど。

とにかく 違います

 

私はタイにいる間、ハートの彫り方は習いませんでしたから。

 

でもね、

どれが正解で、どれが間違いではない

と思っています。

 

いろいろな彫り方ができる。

状況に応じて、彫る角度を変えられる。

すてきなデザインを作れる。

ということが上級者であり、

数を重ねないと、簡単にすぐにはできないんです。

 

あ、時々、

すぐにできる、上手な方もいらっしゃいます。

羨ましいです。

 

ほって、たくさん彫って

上手になることも、

習い事の醍醐味ですから。

 

 

 

 

 

 

ブログトップに戻る

前の記事

センター北教室の変遷

次の記事

ブログをお引越しさせました