Carvingal
必要な道具はたった2つ

ソープカービングに必要な道具は
カービングナイフと石鹸です。

机の上にA4一枚のスペースがあれば、
作品を作ることは可能です。

 

カービングを始める理由の一つに
お道具が少ない、ということもあります。

じつは、私もその一人で、
タイに住んで
カービングに出会った頃
習い事の道具は
極力増やしたくなかったのです。

カービングを始めた理由が、お友達に
「ナイフ1本でいいんですって」
と言われたからです。

ソープカービングの道具について詳しくは
>>>こちらに書いてあります。

ナイフカービングプラスでよく使う石鹸は
>>>こちらに書いてあります。

カービング用石鹸カービングプラスの
ソープカービングクラスは
>>こんな内容です。

作品展での無料ワークショップは >>こちらからお申し込みください

そもそもソープカービングって?

タイの伝統工芸
フルーツカービングが
ルーツです。

日本の習いごととしては、
ソープカービングのほうが
人気があります。

フルーツカービングは
彫ったものが数日でなくなりますが、

ソープカービングは
時間をかけて彫ったものが手元に残るのが
いいとおっしゃる方が多いです。

香りも
楽しむことが
できます。

 

また、木工や氷彫刻とちがい、
手軽に、
身近にあるもので
彫れるのが
ソープカービングの
いいところです。

やわらかいので、
力も要りません。

 

>>>石鹸を彫るのにどのぐらい時間がかかりますか?

始めは基礎的な、簡単で大きいデザイン
その後いろいろな要素を取り入れながら
徐々に細かく、
曲線を描けるようにしていきます。

そもそも>>>カービングって何?

 

体験レッスン

基礎メニュー

中級メニュー

上級メニュー

カービングプラスの
ソープカービングレッスンの内容は
>>>こちら

カービングプラスの
体験レッスンは>>こちら


作品展での無料ワークショップは >>>こちらからお申し込みください

ソープカービングの彫り方

彫刻は
物の表面を削って
立体的に見せることです。

タイカービングは、
ナイフを使うので

2方向、または数方向から
ナイフをいれ、
ナイフの刃先があったところが
削れます。

その場所が
低くなる事を利用して

花のモチーフや
模様を彫っていきます。

彫る際に、
角度やバランスを考えながら
ほぼ下書きなしで彫り進めます。

ナイフを押したり、引いたり
回したり、
模様をほるために
様々な方法があります。

道具がナイフだけなので、
その角度やバランスを
習得するのに
時間がかかります。

なので、
だれにでも
できない
簡単ではない
スキルが身につき、

カービングができると
人からびっくりされることが多いです。

立体カービング生徒さまの作品

基礎が大事

何事も基礎と反復が大事です。
基礎のメニューや順番は
お教室によって違います。

 

カービングプラスで
基礎といわれているものは4種類あります。
ソープカービングの基礎は
体験レッスンをいれて14回に設定しています。

体験レッスンは>>こちら

ナイフの持ち方、
石鹸の持ち方、ナイフの動かし方
利き手、
反対の手の使い方を
丁寧に説明します。

言葉や図で
解説を進めます。
途中、楽しい笑いが入ることも多いです。

彫って
見本と同じにならない場合は
その理由を詳しく解説します。

カービングプラスの
ソープカービング講座の
詳しい内容はこちらをご覧ください。
https://carvingplus.com/menu/lesson-course-2/soap/

18_dsc_8466

作品展での無料ワークショップは >>>こちらからお申し込みください

ナイフの使い方をマスターする!

ナイフの使い方を
様々な角度から
ブログで説明しています。

今までも
ブログで
解説してきているので、

他のカービング教室の
先生方からも、
『うなずきながらブログを読んでいます!』
なんて
お話をお聞きすることも多いです。

ブログカテゴリーで
【彫り方について】
のところに


ヒントになることを

書いていますので、

是非ご参考にされてください。

それぞれの
彫り方によって、
ポイントがあります。

彫っているその時々に、
【今なにをしているのか】を
理解しながら彫ると
上達が早いです。

カービングプラスでは、
基礎から
(いえ、体験レッスンからですね、)
説明に
たくさんの時間を割いています。

ホワイトボードを使って
図解もします。

<ソープカービングの体験レッスンの詳細は>>>>>こちら

どのように彫ったか、
どのようにナイフを動かしたか、
は必ず彫った石鹸にでています。

講師向けの講習会では、
その点を
講師になりたい方に
シェアしています。

経験者向けの立体カービングは>>>こちら

20_dsc_8468


作品展での無料ワークショップは>>>こちらからお申し込みください

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。050-3748-3999受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください