アレンジでのヒント【切り出しの薔薇】

アレンジでいろいろなお花を彫る

カービングプラスの特徴の一つに、

アレンジに使うお花で、彫ることができる切り出しのお花の種類が多いことがあります。

 

切り出しのお花を彫るのに、

パターンはいくつかしかなく、

それを組み合わせて、

種類が増えています。

 

なんでも自分で考えて、作って、出来上がると

楽しいです。

 

素材が石鹸ですから、

作るものが限られる事もあります。

 

LoggaWiggler / Pixabay

たとえば、【薔薇】です。

 

 

粘土やクレイで作る薔薇、

アートフラワーのような、布で作る薔薇、

食材で作る薔薇(スモークサーモンやアボガドなどでも薔薇はつくりますよね、カービングのトマトの薔薇のように)

針金のような、線のもので作る薔薇

紙で作る薔薇、、、、、、

 

全部作り方も違うし、

出来上がりも違う。

 

それぞれの特徴を活かして

薔薇のように見せて、

出来上がるものです。

 

ソープカービングやフルーツカービングの薔薇

いろいろな種類の薔薇が増えましたね。

 

昔は薔薇、といったら一つだったのに、

先のとがっている薔薇、

くるりんバラ、

オールドローズと呼ばれている薔薇、

それの組み合わせ、

たくさんあります。

 

本物の薔薇の種類が

とーーーーーっても多いので、

その中のいくつかは

彫ることも可能です。

 

どうしても

石鹸を彫ると

硬さ、重さ、

がでてしまうので、

 

そこをいかに

曲線で

美しく見せるか、

 

がポイントになります。

 

曲線にする、

イコール左手(きき手でないほうの手)の使い方、

といってもいいかも。

 

たいてい、薔薇を彫った時に

まっすぐなラインになっている人は

左手を上手く使えていません。

 

利き手でラインを書くよりも

利き手でない方の手を

使ってラインを書くほうが

簡単です。

 

初心者のころって、

自分で難しくしているんです。

気づかずに。

DSC03430

切り出しの薔薇の彫り方ってたくさんあります

そうなんです。

切り出しの薔薇の彫り方ってたくさんあるんです。

 

アレンジのベーシックコースでは一番始め

体験レッスンの次に

『切り出しの薔薇のいろいろ』

というカリキュラムを入れています。

 

もしかすると、

もう習っているのかもしれませんが、

そうやってまとめると

 

今までやってきたことや、

習ったことが整理され、

自分で使いやすくなります。

 

なんでも整理整頓

は大事です。

 

aischmidt / Pixabay

1回のレッスンでは、

全然間に合わないのですが、

一応数種類を解説しています。

 

薔薇はアレンジの基本になるお花ですから、

いろいろ彫れる方が

絶対にいいです。

 

用途によって薔薇の彫り方を

使い分けるといいですね~~

 

切り出しの薔薇の

新作の彫り方、

挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケジュールを確認の上予約する

yoyakubana

 

 

 

体験レッスンのメニューをみて予約する

 

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

ブログトップに戻る