Carvingal

ご質問の多いソープカービング(石鹸彫刻)の彫り方について、
こちらのページでまとめてみました。

ソープカービングの道具

ソープカービングに必要な道具は

石鹸とカービングナイフです。

カービング用石鹸

石鹸は市販のものでも彫れるもの、彫れないものがあります。
作って日の浅いものであれば
彫れますが、

水分が抜けている石鹸は、ナイフを入れると
「パリパリ」と
崩れます。

これは彫れません。

 

カービングプラスでは
いつでも彫れる状態の石鹸をご用意しています。

もし、よくない状態のときは
お取替えしています。

 

 

カービングナイフは
インターネットでも購入できますし、
たいてい、どこのお教室でも用意しています。

いろいろな種類があります。

それぞれのお教室で
推しているナイフは違います。

 

基本的にカービングナイフ1本あれば
ソープカービングはできます。

初級者も上級者もナイフ1本ですから

ナイフの使い方次第で、仕上がりがかわってきます。

 

自分の思う場所に自由にナイフを移動させ、使えるようになる

そうすると石鹸のゴミもなくなり、

上級者といわれるようになります。

 

そのためには、練習が必要で、
ナイフを持つ回数、
いろいろな彫り方を経験していくことが必要になります。

どの習い事、なんのお勉強でもそうですが、

『経験値』

これにまさるものはないです。

 

ナイフ

タイでカービングを習って感じた事

私がタイ住んでいたとき、

1回だけ習った先生も含めて
7名の先生にカービングを教えてもらいました。

 

ほとんどの右利きの先生は左から右
手前から奥にナイフをつかいました。

でも、全く逆の先生もいらっしゃいました。

 

薔薇の花びらも5枚と決める先生、
7枚と決める先生、
何枚でもいい、

という先生、それぞれでした。

18_dsc_8466

ナイフの持ち方も同様です。
たいてい、刃先がコントロールできるように持ちますが、

上手な先生方も
それぞれ持ち方が違います。

 

なにか言われてもわからないので、
タイ語での説明はほとんどなく、

先生の彫り方を見て、自分でやってみる、
それを、先生が直して
レッスンが終わり、
というやり方でした。

 

日本のカービング教室のお話を
お聞きすると、

「ナイフの持ち方はこうです」
と決めている先生もいらっしゃいますし、

私のようにゆるく、
「今までの経験を活かしてください、そのうえでこういう持ち方もあります。」
という教室もあります。

日本のお教室もいろいろです。

なぜ持ち方を強制しないかというと
いろいろな先生がいらっしゃることを実感したから
です。

 

そして、タイ人の先生の彫り方をみて感じたことは

「正解はない。」

ということ。

上手に、きれいに彫れる、
それがゴールです。

またそのゴールは永遠のテーマです。

91_dsc_8554

基礎的なナイフの使い方(彫り方)

ソープカービングもフルーツカービングも
基本的に彫り方は同じです。

素材が違うので、固さや、皮がひっかるとか、
フルーツや野菜は彫るものに
合わせて彫る必要があります。

ソープカービングは素材がは均一なので、
始めにナイフの使い方を覚えるのにいいと思います。

日本ではフルーツはお高いし、冬は材料を探すのもたいへんですから。

 

ナイフの使い方は、

上から下に、
(右利きの人は)左から右にナイフを使う
と意識するといいでしょう。

 

ナイフをいれ、
入れたナイフのラインに合わせてナイフをいれ、

ライン同士が石鹸の奥でうまく合えば、
不必要なところが取れ、
花びらや模様が彫れていきます。

彫刻はすべて同じで、
不要なところを取り、
立体的に見せていくものです。

 

木工や氷彫刻とちがい、
手軽に、身近にあるもので彫れるのが
ソープカービングのいいところです。

やわらかいので、力も要りません。

20_dsc_8468

基礎からするのが近道です

基礎、といわれる彫り方は
お教室によって様々です。

どこまでを基礎でどこまでを中級で、
と決めるのは、そのお教室によります。

 

ナイフの動かし方も手前から奥に使うのか、
奥から手前に使うのか
それも違います。

 

内容は違っても、
まず基礎と言われるものから、
スタートしてください。

まっすぐにナイフを入れること、
角度のつけ方をどのように変えるのかは
簡単で大きいデザインからスタートしないと
理解できないと思います。

 

ソープカービングは
限られた石鹸の中での
彫刻なので、

 

上級者になるほど

細かく、
繊細な模様になっていきます。

上級者になるほど

まっすぐなラインから
色気のあるラインに代わっていくのです。

 

 

 

ナイフを持つ利き手だけでなく、

反対の手をいかに使うかも

重要なポイントです。

 

 

 

2015_10_31

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

カービングプラスでの基礎

カービングプラスでの基礎は4種類です。

 

ダリア(直角にナイフをあてる)

バンチューン(丸くナイフを動かす)

薔薇

ピースア(なみなみ)

 

この呼び方も、正しいかどうか、実は不明です。(笑)
それぞれにナイフの動かし方が違います。

彫り方のポイントがあり、
初心者ができないポイントを
カービングプラスでは、体系化してあります。

 

それは、初心者への教え方講座のなかでも詳しく解説します。

60回以上レッスンを受講された方に
カービング教室開業講座と
初心者への教え方講座をセットで行っています。

 

人に教えることによって
ご自分の技術も飛躍的に
上達します。

 

ソープカービングアレンジ についてはこちらで詳しく解説しています。

 

予約する

 

 

 

2015_5_18_2

まず、体験レッスンからがおすすめ

カービングの本や動画など
どんどん増えています。

 

まず、やってみてください。

わからなければ
人に習うことが
一番近道だと思います。

 

カービングプラスの生徒さまの作品は>>>>こちら

 

動画や本も質の高いものがたくさんあります。
それで理解できれば、一番いいのですが、

まったく初めての時は
動画や本のようには彫れないことが多いです。
一人で何度練習しても、同じような作品になってしまう。。。

それは、

ご自分でどのようにナイフを動かしているのかが

わからないからです。

 

なので、どなたかに教えてもらうほうが
時間がかかりません。

そのどなたかを探すのに
「体験レッスン」はお勧めです。

 

うちの生徒さまも、
他のお教室にいきたかったけれど、
いっぱいだったとか、
他の教室は、曜日が固定で通えない、とか、

もちろん、
私の作品を気に入ってくださって来てくださる方も
たくさんいらっしゃいます。

 

そこでおききすると、
お教室の「カラー」
って、

全く違うそうです。

 

先生のカラー、先生の作風、先生のやり方、
どこのお教室も特徴をだしています。

 

通うのに大変かどうかも、
行ってみないとわかりません。

 

カービングプラスでは、随時、体験レッスンの
ご予約を受け付けています。

体験レッスンの内容は>>>こちら

 

お席の空き状況は、
スケジュールのページでわかるようにしてあります。

スケジュールのページは>>>こちら

 

まずは、体験レッスンをうけて

お教室の雰囲気を感じ、

ご自分に合ったお教室を

探されるといいと思います。

 

 

 

おひとりでも多くの方に

カービングの楽しさを

感じていただきたい、

 

そして

長く続けていただきたい、

と思っています。

 

 

 

 

予約する

アレンジクラスお申込み

お問い合わせ

 

お気軽にお問い合わせください。050-3748-3999受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください