石鹸くずの使い道

ソープの作品を作ると、石鹸くずがたくさん出ます。
細かいものは、固めても使っているとボロボロになるので、ネットにいれてお風呂で使うことが一番ベスト!と生徒さんには伝えています。

100円ショップでストッキング用のネットを買って、ネットごと使うと泡立ちもよく、一番無駄がありません。穴が一番細かいネットですね。
といっても、なかなか理解してもらえないので、お教室では(特にソープの教室)ネットをいくつか用意しておいて、具体的に見せて教えています。

私は100円ショップの回し者でもありませんし、100円ショップの物を特別におすすめしているわけではないのですが、わかりやすいし、お安いので、紹介しています。
タイにも日本の100円ショップはありましたが、60バーツショップで、タイの物価からするとお得感はありませんでした。今だと160円ぐらいかな???

タイにいた時にも、石鹸くずの使い方をいろいろ考えましたが、チャーンチャーンソープは浴用に使うと、肌にあまりよくない事もあり、ほとんど捨てていました。
日本の石鹸は、贈答用の石鹸を使うことも多い事や、もったいない精神、ゴミを少なくしたいなどの理由からも、リサイクルした方がいいと思います。石鹸くずでも香りも品物もいいですからね。

ソープアレンジをたくさん作ると、切り出しの物を彫ることが多いので、石鹸くずが、塊で出ます。ある程度の大きさがあれば、残りの石鹸でレリーフ彫りができます。
小さいので、彫れるものも限られ簡単になりますので、すぐに彫れます。練習にもいいですよね。こんな感じです。

くりっくおねがいします。

にほんブログ村