アレンジで使う道具【ワイヤー】

DSC03430

ゴールデンウィーク終わりますね。

みなさま充実したお休みでしたか?

風の強い日が多く、暑い日も多かったですね。

今日は、横浜は過ごしやすい気候のようです。

明日からお仕事 再開、頑張りましょう。

 

久しぶりのブログの更新は

前回に引き続き、

アレンジで使う資材【ワイヤー】についての説明です。

IMG_3176

ワイヤーの種類

フラワーアレンジを習ったことのある方は、はだかワイヤーをたくさんお持ちです。

太さも細めのものが多いです。

使うお花が生花にしても、ブリザーブドフラワーにしても、アーティフィシャルフラワーにしても軽いからです。

使う場所によって太さを変えているはずです。

 

ワイヤーは太さがいろいろあります。

大型の手芸店やお花の資材屋さんで売られているワイヤーは、

18番から30番が多いです。

#18~#30

なんて表記します。

 

たいてい売られているものは、太いのが#18、だんだん細くなっていって#30 が細いです。

偶数の番号で売られています。

 

一番多い長さは36センチです。

他にもっと長いものもありますが、

カービングでは長いワイヤーを使うことは少ないので

一般的な36センチで十分です。

 

はだかワイヤーというのはワイヤーそのままのものを太さを変えて売っています。

他に地巻ワイヤーというものがあります。

それはワイヤーに紙を巻いてあって、

緑、色、茶色

が売られています。

小さい手芸屋さんだと色や番号が全部揃わないことも多いです。

 

他にクラフトワイヤーというものや、

メタリックワイヤー、ワイヤークラフトに使うアーティステックワイヤー、

アクセサリー用のワイヤーもあります。

使う用途によっていろいろありますが、

今日はカービングでよく使うワイヤーについて

解説します。

IMG_3177

カービングアレンジで使うワイヤー

カービングアレンジのコースレッスンに来られる方は

最低限必要なワイヤーをご自分で用意してもらっています。

私が全部キットで用意してしまうと、

自分で作りたい時に作れないからです。

 

ソープカービングアレンジは

一番の中心は石鹸を彫ることです。

あまり特殊なものを使うと

同じ物を作りたい時に、資材が用意できないと困るので、

一般的に用意できる資材を使った方がいいです。

 

それから、私ははだかワイヤーは使いません。

彫れる石鹸が水分量がたっぷりありますので、

ワイヤーを挿すと必ず錆びます。

 

はだかワイヤーは石鹸に挿すと、全部が錆びてしまい、

花首まで錆びる時間が早いです。

 

地巻ワイヤーを使っても錆びていますが、紙が巻いてある分、

錆びが少ないです。

 

ワイヤーの太さも、

とにかく石鹸が重いので、

細いワイヤーは花の茎には使いません。

 

#20の緑地巻ワイヤー、

茎を長く使いたい時は、#18の緑の地巻ワイヤーを使います。

DSC03431

薔薇のガーランド

カービングアレンジのコースレッスンで

始めに用意していただくワイヤーは

緑の地巻ワイヤー #18、#20、#22、#26

白の地巻ワイヤー #26

です。

ベーシックコースは体験レッスンのチューリップ以外は

このワイヤーで5作品ができます。

 

それぞれ、用途が違いますが、

#26あたりは副資材のワイヤリングに使いやすい太さです。

 

小さい花を彫った場合も、

太いワイヤーを挿すと、

せっかく彫った石鹸のお花が割れますので、

小さいお花の茎は#26あたりがいいです。

 

それ以上に細くなると、茎では使わないですね。

 

 

茎以外でも用途に合わせて数種類もっているといいですが、

これだけ、というものは、

緑の地巻ワイヤー #18、#20、#26

白の地巻ワイヤー #26

の4種類です。

 

薔薇のアレンジなど、

この写真のガーランドなども緑地巻ワイヤーの#20と#26しか使っていません。

ワイヤーは自由に動かせるので

アレンジするのに楽しいです。

(余り動かしすぎると花が壊れます)

 

以上、ワイヤーについてでした。

ソープカービングアレンジに

お役立てください。

 

 

 

 

スケジュールを確認の上予約する

yoyakubana

 

 

 

体験レッスンのメニューをみて予約する

 

 

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

ブログトップに戻る