ソープカービング自由課題発表会

「海の王子」のおすまいがご近所らしく、地元大倉山が、テレビにやたら登場しています。

最近地元中学のぷち同窓会もあり、そこでも話題になっていて、なんだか「大倉山」は全国区になったような錯覚を起こしています。

 

 

さて、久しぶりにブログを書きました。

先日おこなった発表会についてです。

 立体カービングフラワーアレンジクラス自由作品の発表会を開催しました

 

こんにちは、カービングを楽しんでいますか?

立体カービングフラワーアレンジクラスで自由課題の発表会を2クラスで開催しました。
他の生徒様にも声をかけたところ、2クラスとも見学の方も多く、
見学された方からは、とっても参考になった、とご意見をいただきました。

発表会の様子

 

自由課題の発表会をするようになったわけ

アレンジクラスでの自由作品は大作ばかりです。

立体カービングフラワーを習ってきたことで出来る内容もあります。
そこに、ご自分の知識やスキルもプラスされ、素晴らしい内容になっています。

その大作をご自分のお家だけで楽しむのはあまりにももったいないと思い発表の場を設けることにしました。

発表するということ、とても大事だと思います。

作品の説明の図

参加者のご感想

少しですが、参加された方のお話をうかがいました。

発表会に参加されていかがでしたか?

発表されたAさん
他の人の作品を見ると、あぁこういうこともできるんだ、という発見があり、とても刺激になりました。

発表されたBさん
先生のご自宅でクラスメイトだけの小さな発表会ですが、自分の作品にどんな質問やアドバイスがいただけるのかと楽しみでした。ドキドキ。
繊細だったり、丁寧だったり、作る人がでるのはハンドメイドだからだと思います。

見学されていかがでしたか?

Cさん
参加してよかったです。みなさまのアイデアが素晴らしいです。

Dさん
みなさん、花そのものを彫ることが上手いこと前提で、その先の段階です。いろいろと質問させていただいて、しらない世界に「なるほどなー」と楽しい時をすごさせていただきました。ありがとうございます。

 

 

発表会の意味

発表の場があるということはとても大事なことで、それにより作品の完成度をあげようと思うし、人に見てもらうことでしっかりとした作品が出来上がります。
自分の作品について人の前で発表すること、なかなかない機会です。
発表することによって、人からの評価や自分の作品の確認になります。
また、この場で発表する方同士は、いろいろ工夫する点などもその前のレッスンから見ていますので、
そのアイデアを共有する、しないを同意いただいてから発表をしています。

 

それぞれのオリジナルの作品ですから、その確認は大事なことと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
人の作品を見ることはそれだけでも刺激になりますが、工夫した点などは製作者ににしかわからない点も多く
それが今後の作品作りに役立ちます。

 

立体カービングフラワーのアレンジクラスに参加の方にはお声掛けしています。
今後も発表会、楽しみにしてください。6月、7月と予定しています。

 

 

 

 

 

ご予約の方法はこちらに↓↓

パソコンの場合、スマホの場合

メンバー登録の仕方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン講座スタートします

 

 

 

 

 

LINE@ スマホの方はこちら⇩をタップしてお友達追加してくださいね

 

 

パソコンでご覧の方はコチラ⇩のQRコードを、LINEのお友だち追加機能で拾ってください。

 

 

 

 

LINEの登録の仕方がわからないときは>>>こちら