カービングプラスオリジナル【薔薇のブーケ】

 

 薔薇のアレンジというと??

こんにちは、カービングを楽しんでいますか?

 

薔薇のお花が彫れる事を目標に

カービングを習う方はたくさんいらっしゃいます。

みなさん薔薇はお好きですものね!

 

アレンジに欠かせない【切り出しの薔薇】については、

今まで、【切り出しの薔薇】の彫り方の解説をたくさんブログに書いてきました。

 

切り出しの薔薇のお悩み~その1~

切り出しの薔薇のお悩み~その2~

 

 

切り出しの薔薇が彫れるようになると、

ワイヤーを挿して、

花器にさして、ほかに葉やブリザーブドフラワーのあじさいと合わせて

完成!

 

リボンやきらきらした飾りと一緒にしたり、

花器で変化をつけたり、

色合いをあわせたりして楽しみます。

 

 

レリーフ彫りと違って、

アレンジも楽しめますし、

たくさんお花を彫れば、豪華になります。

 

プレセントしてもとっても喜ばれます。

 

 

 

 

 

 

次のステップは【がく】です

簡単な薔薇のアレンジができるようになると、

次の薔薇のアレンジの方法として、【がく】を使う、という方法があります。

 

薔薇を彫って、そのお花に、【がく】をつける人も増えてきました。

 

 

薔薇のアレンジで、花器に挿す、その時に、小さいつぼみにがくをつけます。

素敵なんですよね!

がくをつけると、ぐっと感じが変わるのです。

そういう変化、サプライズ、あなたも大好きですよね?

 

 

 

カービングプラスオリジナル【薔薇のブーケ】とは?

【がく】をつけたあと更にもうひと工夫されると

もっと素敵な薔薇になりますよ!!

それが、カービングプラスオリジナルの「薔薇のブーケ」。

 


【がく】の使い方を教えるだけではなく、【がく】をつけた薔薇の花をブーケにする方法、
カービングアレンジのコースレッスンで、詳しく解説しています。

 

 薔薇のブーケを習った感想いただいています

実際のコースレッスンで、アンケートをしています。その中の幾つかのご意見をご紹介します。

 

「薔薇のブーケのように

茎を長く使う、方法は初めてで、びっくりしました」

 

「今までたくさん薔薇のアレンジは作ってきましたが、どれも花器にお花がくっついているアレンジしかしたことがありませんでした。そうすると、どれも同じようにみえますが、薔薇のブーケの方法は今までと違います。」

 

「見栄えがしてプレゼントに出来る。(薔薇のブーケ)」

 

「本物のように見えるから、よかったです。 (薔薇のブーケ)」

 

彫り方ではなく、アレンジする前段階での工夫なので、

カービングのレッスンではお伝えしているところは、かなり珍しいと思います。

croisy / Pixabay

そんな他では作れない人気の薔薇のブーケ、

今までは実際に参加いただくレッスンでのみお伝えしていましたが、

今年の5月からスタートするオンライン講座でも、扱っています。

詳しくは>>>>こちらをご覧くださいね。

 

 

 

 

レッスンを予約する

ご予約の方法はこちらに↓↓

パソコンの場合、スマホの場合